未分類

Apple Payって何?使い方から仕組み、メリット・デメリットまで徹底解説

Apple Payでできることって何?

iPhone7の発表に伴い、日本にもApple Payが上陸しました。
このApple Payで出来る事は、

  1. 電子マネーが使える
  2. オンラインショッピングでの支払い・決済ができる
  3. アプリの決済ができる
  4. iPhone版おサイフケータイのようなものとして使える

の4点です。
iPhone7で初めて、交通機関でも店舗やアプリケーション内でも、ウェブ上でもApple Payが使用できるようになったのです。

その使い方は非常に簡単で、使用したいクレジットカーをiPhone上で選択して指紋認証を行い、お店の支払い端末にかざしたり、ネットショップで決済行ったりするだけで支払いが完了するというもの。
Appleサイトでは、「Your wallet.Without the wallet.(持ち歩かなくても使えるあなたの財布)」と表現されています。

では、1つずつ具体的に紹介したいと思います。

電子マネーが使える

日本で使える電子マネーは、Suica、ID、QuickPayの3種類があります。

中でも用途の幅が広いのが、Suicaです。
電車はもちろん、タクシーやバスなど様々な交通機関で使用出来ます。
改札を通る時は、iPhone7やApple Watch Series2を改札機の読み取り部にかざすだけでOK。アプリを開く必要はありません。
また、自動販売機やコンビニでも利用可能です。
いちいち財布を出す必要がなくなるので、とてもスマート。
チャージもApple Payに連携させてあるクレジットカードからiPhone上で出来るので、いつでもどこでも出来ます。

ちなみに、Apple Payに対応しているクレジットカードは、
・JCB
・オリコカード
・クレディセゾン
・ビューカード
・三菱UFJニコス
・au WALLETクレジットカード
・TS CUBIC CARD
・三井住友カード
・イオンカード
・dカード
・ソフトバンクカード
です。

Suica以外のID、QuickPayも対応しているところなら、どこでもiPhone7をかざすだけで使用出来ます。
コンビニ、スーパー、ガソリンスタンドの他にもミスドやマクドナルドなどの飲食系の店や、その他マツモトキヨシのようなドラックストアまで、大抵ところで使用できるのです。

ただし、iPhoneの電源が切れてしまうと改札を出られなくなってしまうのので、注意が必要です。

 

オンラインショップでの支払い・決済が出来る

ネットショッピングで買い物をした場合、支払いの時にApple Payをタップするだけで決済が出来てしまいます。
クレジットカードの取り込みが済んでいれば、特に何も準備する必要はありません。

iPhoneのアプリ内であれば、そのまま画面の表示に従ってすぐに決済が完了。
Macのブラウザネットショッピングする場合も、画面の表示に従うだけでスムーズで支払いできます。
決済方法としては、Apple Payの表示画面に出るので、iPhoneのTouch IDタップするだけ。
この方法は、iPadでも同様です。

また、ショップにはカードの情報は伝わらないので安心です。
欲しい物を見つけた時にその都度Apple Payで決済すれば、ショップにアカウントを作る必要ありません。
そのため、カードの情報がショップに伝わる事もなければ、iPhone内に保存することも無く安全です。
Apple Payで決済に必要なのは、あなたの個人情報でなく、単なる割り当てナンバーにすぎないのです。

今までとは一味も二味も違うオンラインショッピングの使い心地を味わえます。

ただし、4種類ある国際ブランドのクレジットカードのうち、VISAだけがApple Payに対応していません。
ウェブ決済が出来ないので注意が必要です。

 

アプリの決済ができる

Apple Store内にて、Apple Pay対応のショッピングアプリを紹介しています。
Apple Payでは店舗での決済の他に、このアプリ内やSafariのウェブサイトでも決済が出来るのです。

対応いているアプリは以下の通りです。

・出前館
・TOHOシネマズ公式アプリ
・全国タクシー
・BASE
・ハンドメイドマーケットminne
・giftee
・じゃらん

この中でも、9月より対応を始めたのが、リクルートの旅行サイト「じゃらんnet」です。
iOS向けアプリで宿泊予約する際に、支払い方法としてApple Payの決済を選べるようになりました。
クレジットカードやプリペイドカードを追加して利用し、Touch IDに指を触れるだけで支払いが完了です。
もちろんカードのポイントプログラムも引き継ぎ対象となり、画期的な決済法となります。

今後はアプリだけでなくWebサイトでも利用出来るよう拡充していく予定のようで、ますます便利になること間違いなしです。

 

iPhone版おサイフケータイ

iPhone7には、FeliCaに対応しているApple Payが搭載しています。
これは、いわゆるおサイフケータイのiPhone版。

今までのiPhoneにはFeliCaは搭載されておらず、iPhone 6から搭載されているApple Payは、国内でほとんど使用出来ませんでした。
一方でiPhone7には、初めて日本の決済サービスの読み取り機器である、FeliCaが採用されました。
iPhoneにクレジットカードなどの情報を登録して、タッチして支払いをしたり、アプリ内で決済したりできます。

見出し2:海外と日本のApple Payが違うって本当?

iPhoneは、世界中で使用されている機種です。
実は、海外版と日本版があるのです。
2つを比較すると、以下の通りです。

NFC方式が違う

いよいよ発売が開始された新機種、iPhone7はガラパゴス仕様です。
これは日本のみの特別仕様で、「FeliCa」いわゆる「おサイフケータイ」が使用できるものとなっています。
Apple PayでSuicaが使用できるようになったのです。

一方で、海外版のiPhoneは「NFC」という非接触型システムが使用されています。
NFCとは、機器を近づける事で通信を行うため「かざす」だけで通信できる、分かりやすい通信手段として注目を集めているものです。

Apple Payの中身が違う

中身を詳しく見てみると、海外版のApple Payで使用している「NFC」は、
『Type A/B 』という方式を使用しています。

一方で、日本版の「FeliCa」は、『Type F』という若干違う方式を使っているのです。
分かりやすく言うと、docomoとauの通信方法の違いのよなものなのです。

日本版iPhone7は内部で「Type FのFeliCa」も組み込んでいるということです

・チップはどちらも搭載しているが変更出来ない

日本版も海外版もiPhone7/Plusは、実はどちらのチップも搭載しています。
使用されているのは、「A10Fusion」。
これはiPhone6が搭載しているA9より、40%も性能が向上しています。

しかし、「NFC」と「FeliCa」の機能を備わっている日本版ですが、併用はできません。
それは、内部でリージョンコード(使用地域番号)というものを切り替える必要があるからです。
日本でApple PayでSuicaを使用し、海外に行った時もApple Payに登録してある同じクレジットカードで決済する事は出来ないのです。

海外で使用するのには、リージョンコードを切り替えてApple Payに対応した現地のクレジットカードを登録する。
というハードルに高いことをしなければならず、一般の私たちには不可能なのです。

今後は、東京オリンピックに向けて外国人観光客が、ソフト更新で使用できるようになるのでは?と期待されています。

日本では電波法の規定で、国内で使用する携帯電話等の無線通信装置の使用には総務省の認定が必要です。
認証されると「技適マーク」がつけられ、iPhoneは電子表示使用しています。

この総務省が昨年1月から、海外版も日本国内で使用できるように電波法改正に向けて準備を進めている事が明らかになったのです。
この事で、もし滞在している国・地域に応じて自動的に「NFC」規格が切り替わる仕様になるかもしれません。
そうすれば、国内外でスムーズにNFCを使う事が可能で、世界共通仕様が可能になるのです。

4年後の東京オリンピックに向け、実現に期待したいところですね。

 

クレジットカードをApple Payに登録する方法は?

Apple Payにクレジットカードを登録するには、iPhoneに搭載されるiSightカメラを使ってクレジットカードを撮影するか、iTunesを使って入力するだけ。複数のクレジットカードを登録するも可能です。
クレジットカードの情報はiPhoneアプリのPassbookに保存されます。

またiPhone7とApple Watch Series 2であれば、Walletアプリケーションを使用すれば、クレジットカード、ショップカード、搭乗券、クーポンー、ポイントカードまで一カ所にまとめられす。

登録したカードの情報は、専用の「Secure Element」チップ内に暗号化して保存され、支払いの際にはクレジットカードの情報は相手に伝わらな仕組みになっています。
また、紛失時にも「iPhoneを探す」から利用を解除するだけでOK。
クレジットカード会に電話してカードの利用止めるなどの対応は必要ないのです。
ちなみに、Appleにもカード利用状況は保管される事はないとのことです。

 

SuicaをApple Payで使うには?

 

iPhone7ではSuicaを使う事が出来るようになりました。

iPhoneのApple PayでSuicaを使うには、まずiPhoneを操作してSuicaを転送する画面を呼び出し、そこでiPhone7/7PlusをApple Payに移したいSuicaカードかSuica定期券の上に置きます。
するとSuicaの残額やSuica定期券の情報が迅速に転送され、手続きは完了です。
まだSuicaカード持っていない場合は、JR東日本のSuicaアプリでSuicaを作成すことが出来ます。

ここで注意したいのが、Apple Payに取り込んだSuicaは使えないという事。
もし電車に乗る時は、iPhoneを忘れないていないという事です。

また、Apple PayのSuicaはオートチャージが可能です。
JR東日本によると、SuicaへのSFチャージもApple Payに登録したクレジットカードから簡単に出来るようになるとの事です。
カードはアメリカンエキスプレス、masterCard、JCB、ビューカードが対応。中でもオートチャージ年会費無料で使えるビューカードがオススメです。
ビューカードを使用すれば、viewポイントが貯まります。

もちろん、Apple Payでもクレジットカード利用分のポイントが得られます。
しかし、iDやQuickpayの利用分はポイント対象外であり、Suicaの利用分も対象であるかはまだ不透明です。

Suicaと同じJR東日本が提供するサービスに、IC-EXというものがあります。Apple Payは、このIC-EXは利用出来ないと発表されています。
IC-EXとは、新幹線の会員制ネット予約サービスです。
モバイルSuicaや一部のビューカードを併用している利用者も対象としているビュー・エクスプレス特約がありますが、Apple Payでは対応していません。

 

Apple Payをお店で使うには?

実際Apple Payが使用できる場所には、Apple PayやiD、Quickpay、Suicaのマークが表示されています。
使用できるお店やサービスの一列をあげると、

・アピタ、ピアゴイオンなどのショッピングセンター
・エクスプレスやエネオスなどのガソリンスタンド
・サークルKサンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニエンスストア
・ユニクロなどのファッション店
・マツモトキヨシなどのドラックストア
・日本交通株式会社など

と、多くのお店やサービスを使用する事がきるのです。

またお店で使用する際には、IDやQuickpayで使用する方法と、Suicaで使用する方法の2通りがあります。

IDやQuickpayは、コンビニやスーパーなど全国のID、QuickPay加盟店で使用できます。
レジで会計する時に、レジのリーダーにiPhoneをかざしてtouchIDで認証する事で支払いが完了です。
多くのクレジットカード発行会社に対応していて、カードを登録する事で使用できるのです。
Quickpay+マークのお店では、2万円超える使用もできます。

ちなみにiDになるかQuickpayになるかは、登録したクレジットカードによって決まります。
Quickpayになるカードは、
JCB、オリコカード、クレディセゾン、ビューカード、三菱UFJニコス、au WALLETクレジットカード、TS CUBIC CARD
iDになるカードは、
三井住友カード、イオンカード、dカード、ソフトバンクカード

です。原則として、Quickpay対応のクレジットカードを登した場合Quickpayとして、三井住友カード等のiDのみ対応しているクレジットカードを登録した場合はiDとして割り当てられます。
ビューカード、三菱UFJニコス、au WALLETクレジットカードは、カード本体ではQuickpayを利用できないですが、Apple Payに登録するとQuickpay加盟店で使えるようになる、面白い仕組みです。

レジで支払う時は、「iDで支払う」「Quickpayで支払う」と伝えればOKです。
「Apple Payで支払う」と言ってもダメなので、注意しましょう。

Suicaも同じく、コンビニやスーパーなど全国の加盟店で使用できます。

しかしSuicaの場合は、使用前にお金をチャージする必要があります。
walletアプリを立ち上げれば、その場でSuicaにチャージをして買い物が出来るので便利です。
アメリカンエキスプレス、masterCard、JCB、ビューカードのクレジットカード会社が対応していますが、VISAブランドは今の所チャージ未定となっています。

 

Apple Payのメリット・デメリットとは?

Apple Payが日本のおサイフケータイに対応した事でののメリット・デメリットは、それぞれどんなものがあるのでしょうか。

《メリット》

Apple PayはモバイルSuicaに類似した仕組みで、iPhoneで電車やバスに乗る事ができます。
その上、IDやQuickpay対応のお店で買い物もできます。
ANAスキップサービスにも対応しているので、iPhoneで飛行機にも搭乗でき、今後は対応の電子マネーがますます拡大していく見込みです。
このANAスキップサービANAカードを持ってい場合、AMCカードや搭乗券などを持ち歩く必がなくなるので便になります。

そのため、iPhoneだけを持ち歩けば良くなり、お財布に入れるカードの枚数を減らすことが出来ることがメリットの1つと言えるでしょう。

また、主要なクレジットカード発行会社と連携しているので、ポイントなどのメリットやセキュリティは今のカード利用時と同じなので安心。
Apple Pay利用で、クレジットカードでの支払いと同様にポイントが得られる事は、大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、IDやQuickpayの利用分はポイント対象外となるので注意が必要です。
Suica利用分はまだ不透明です。

JCBのプレスリリースを見ると、「Apple Payの設定は簡単で、クレジットカードのポイントプログラムは引き継ぎ対象となります。SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaのお支払いにJCBカードをご利用いただく事も可能です。」と書かれています。
また、KDDIのプレスリリースでは、「Apple Pay設定後も、au WALLETポイントプログラムは継続されます。また、SuicaへのチャージなどApple PayのSuicaのお支払いはらいにau WALLETクレジットカードをご利用いただくことも可能です」と書かれています。

ここから、QuickpayやiDの利用分は既存のポイントプログラムの対象だが、Suicaの支払いモバイルSuicaと同様に、可能でもポイント付与の対象外となるとも読めますよね。
実際問い合わせてみると、現時点ではApple PayのSuica利用でポイントが付与おされるか否かはまだ未定なようです。

また、チャージ・Suica定期券以外の機能に関しても、原則としてiPhoneでもモバイルSuicaと同様の機能が用意されています。
アプリで操作・購入してチケットレスで特急に乗車できるモバイルSuica特急券も使用でき、Suicaグリーン券も利用可能です。

Apple PayでSuicaを使用する場合、デジポットの500円が不要なのも地味ではありますがメリットです。
既存のSuicaカードをApple Payに移す場合は、カード発行時に支払った500円は、Apple PayのSuica残高としてプラスされるので安心です。

《デメリット》

Apple Payの最大のデメリットは、ポイントの二重取りが出来ないという点です。
例えば、nanacoに搭載されているQuickpay(nanaco)。
セブンイレブンでの買い物では、クレジットカードのポイントやマイルとnanacoポイントを二重取り出来ますが、Apple Payでは出来ません。

ちなみにQuickpay(nanaco)でのポイント二重取りはJCB発行のJCBカードが可能です。

またApple Payは、おサイフケータイに比べて対応している電子マネー・ポイント・チケット等のサービスが格段に少ないのもデメリットです。
おサイフケータイで対応しているのは、
・電子マネー…楽天Edy、WAON、nanaco、モバイルSuica、モバイルスターバックスカード、iD、Quickpay。
・航空券…ANAスキップサービス、JALタッチ&ゴーサービス。
・クーポン…マクドナルド、コスメキッチン。
・会員証・ポイント…dポイントカード、ゴールドポイントカード、マツキヨポイントアプリ、ローソンモバイルPonta、東京ドームTDモバイル2、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、モバイルクロネコメンバーズ、mobile members、モバイルTカード。
・チケット…ticket board、札幌ドームチケットレスサービス らくスルー。

これに対してApple Payが使えるのは、iDまたはQuickpay、モバイルSuica、ANAskipサービス、iTunesギフト券、ホットペッパーグルメのサービスしかありません。

さらに、Apple PayはPASMO、ICOCA、PiTaPaには対応していないので、PASMOうの定期券をApple Payに搭載する事は出来ません。
1つのSuicaをiPhoneとApple Watchの2つの端末に登録出来ない事も、両方を利用している場合はどちらか片方しか使えないので、少し不便でしょう。

また、Apple Payでの新サービスでは、モバイルSuicaでは使える機能が一部抜けています。
具体的には、JR東海のエクスプレス予約(JR東海の東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」)、銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービス等です。

ビューカードでビュー・エクスプレス特約を利用している場合、iPhoneへ移行すると解除されます。
エクスプレス特約を使いたい場合は、モバイルSuicaが選択肢となります。

いよいよ利用可能となったApple Pay。
ますます便利になった反面、デメリットもあるのです。
きちんと理解をして、賢く上手に使用していきたいですね!

Apple Payマニアの圧倒的おすすめ!ヤフーカード

Apple Payと相性抜群!利用するだけでザクザクTポイントが貯まり、ヤフーショッピングでのポイント還元率もアップ!

さらには、年会費無料なのに新規入会&3回利用するだけで、最大10,000円相当の期間固定Tポイントが貰えポイントがもらえます!

ヤフーカードのお申し込みはこちらをタップ!