未分類

iPhone6sでApple Payは使えるの?iPhone6sでのApple Payの使い方完全版

こんにちは、Apple Pay マニアのジンタです。

待ちに待ったiPhone8が発売しましたね!あなたも購入しましたか?

でも意外とまだiPhone6/6Sを使っている人も多いんですよね。二台持ちにしてたり、お子さんや彼氏彼女にあげたりとかっていうパターンもありますね。

あなたもまだまだ現役で使えるiPhone6/6Sを活用しているかもしれません。

よほど重たい最新のゲームや、新機能を使わない使い方をするなら、全然元気にまだまだ使えますよね。

さて、そんなiPhone6/6Sですが、日本でのApple Pay発表前の機種になるので、Apple Payは使えるのかなぁ?使えるなら使いたいなぁ。なんて思ってしまいますよね?

そんなiPhone6/6SでApple Payは使えるのか?

使えるならどんな風に使えるのか?

iPhone8も発売した今だからこそ、あらためて完全版としてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


Appleの公式HPには。

まずは、一番初め。AppleのApple Payに関する公式ページを調べてみました。

日本で Apple Pay を使うには何が必要ですか?

日本で Apple Pay を使うには、Apple Pay に対応しているカード発行会社の Apple Pay 対応カード、iCloud にサインインしている Apple ID、および以下のいずれかのデバイスが必要です。1 地域は日本に設定しておく必要があります。

  • 日本国内で購入し、iPhone とペアリング済みの Apple Watch Series 2 (交通機関の利用や、店舗、App 内、Safari の Web 上での支払い)
  • iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6S Plus (App 内や Safari の Web 上での支払い)

Apple公式HPより抜粋

と、このように記載されていました。

つまり、iPhone6、6Sは公式にはApp内での支払いとSafari(ブラウザ。いわゆるインターネット)のWeb上での支払いにApple payを利用することが出来ます。

このように書いてあるということは。

そう、残念ながら普段の生活でコンビニや改札で決済は出来ません。

iPhone6s以前とiPhone7以降でApple payはどう違うのか。

日本でApplePayを使うにあたって、iPhone6s以前と、iPhone7以降で一番異なることは「Felica」チップを搭載しているか否かになります。

ApplePay自体は2014年10月のiPhone6発売時点から海外では実用化されていましたので、日本でもiPhone6でApplePayは利用できます。

ですが、日本だけは思ったような使い方ができませんでした。(シャリーンとかざして決済とか)

だからこそ、日本での正式サービスインはそれから2年ほどの時間を要しました。

理由はiPhone6/6Sに搭載された「NFC」チップとApplePayの組み合わせのせいになります。

これでは日本では使えませんでした。

以前書いたAndroidPayとApplePayの違いの記事からの抜粋ですが

通信技術の違いとは

ApplePayはiPhone7以降に搭載されたFeliCa(フェリカ)というSONYが開発した仕組みを使っているのに対して、AndroidPayはNFCという日本以外の国(つまりほぼ世界中)で使われている仕組みを利用しています。
(ちなみに、おさいふケータイはFeliCaを採用しています)

ということで、世界中で日本(と香港)しかFeliCaという技術が使われていないのです。逆に言えば日本ではNFCという技術があまり普及していません。

つまり「NFC」のみを搭載したiPhone6/6Sの時点では日本でApplePayはまったく使えないものだったのでそもそもサービスすら開始しなかった。と言うことになります。

当時は、「まぁそうだよね。世界中で同じものを売るiPhoneとしては日本だけの特別仕様なんて作るわけないよね~」

「人口だってそんなに多いわけじゃないし、おサイフケータイとかのサービスが定着しちゃってるもんね~」

と、iPhone持ちは手帳型ケースにSuicaのカードを入れて使うのが今後も続くだろうと思っていました。

ですが、そこは世界のApple。日本は世界でも突出してiPhone利用者の多い国だからと思ってくれたのでしょうか?

なんとiPhone7からは日本向けにFeliCaが搭載されたのです。(厳密には世界中同じものを販売しているので、NFCとFeliCaを両方搭載して、日本向けに販売しているものはFeliCaを有効に。それ以外の国ではNFCを有効にしている。海外からsimフリー端末を輸入して使うときは要注意)

ということで長くなりましたが、(日本での)iPhone7以前と以降では

FeliCaチップの搭載により、SuicaやiD、Quickpay対応のコンビニや改札などで、タッチでの決済が出来るか出来ないか。が大きな違いと言うことになります。

スポンサーリンク


iPhone6/6SでApplePayは使えまぁす。

見出しのとおり、またAppleの公式HPにあるように、iPhone6/6SでApplePayを使うことは可能です。

しかし、公式HPでも

  • iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6S Plus (App 内や Safari の Web 上での支払い)

とあるように、iPhone6/6Sで使える機能は限られています。

ただ、この公式HPの書き方だとわかりにくい部分が多々あると思います。

次にわかりやすく使えるサービスと使えないサービスをまとめてみました。

あなたの生活でどんな使い方が出来るのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone6/6Sで使えるApplePayのサービス一覧

App内での支払いと、WEB上での支払いに対応しているサービスは2017年10月12日現在では

  • Apple ・・・まぁ、当たり前ですよね。
  • 全国タクシー ・・・飲み会のときなんか便利ですよね。
  • giftee ・・・ちょっとした作業のお礼なんかに。
  • TOHOシネマズ ・・・移動中に見たい映画を即支払いできるのは便利。
  • minne ・・・一点物が多いから気に入ったらすぐ購入したい。
  • 出前館 ・・・帰宅途中に帰宅してすぐ食べられるように頼みたい。
  • BASE ・・・なんとなく見てしまう。
  • じゃらん ・・・ふと、あそこに行きたい!と思い立ったときに予約しちゃいたい。

並べてみると、電車やバスの移動中に、「あっ!」っと思い立ってその場で決済まで完了してしまいたいサービスが多いですね。

私は、特にTOHOシネマズ、出前館、じゃらんを使うことが多いのですが

移動中に「あ、そうだ!」と思い立っても

電車や、バスで財布からクレカを取り出して

「えーと、カード番号は・・・有効期限は・・・」

なんて、誰が見ているかわからない&バスだと急ブレーキ時に、どっかにすべり落ちて行ったりなんかしたら阿鼻叫喚の大騒ぎになってしまいそうな状況下で、クレカをのんきに取り出して、さらにのんきに番号を知らないうちに声に出したりして打ち込む勇気はありません。

そんな時に、ApplePayだと

ぽちっとな!

的に指紋認証を行うだけなのでホントに気楽に安心して行えます。

タッチでシャリーンは出来なくても、意外と便利に使うことが出来ますよ。

iPhone6/6Sで出来ないApplePayのサービス一覧

さてさて、こちらですが

端的に言ってしまえば、前の項目「App内での支払いと、WEB上での支払い」以外の全部です。。

当然ながらFeliCaチップを搭載していないので

タッチでシャリーン系

交通機関でのタッチでの支払い

各店舗(コンビニとか)でのタッチでの支払い

こちらを使うことが出来ません。

クレジットカードの登録は出来ても、これらの支払いは出来ないので間違えてコンビニで出したり、電車の改札を通らないようにしましょう。

今までどおり、これらの機能は手帳型iPhoneケース&Suicaなどのカードタイプのもの。で使っていきましょう。

iPhone6/6SでApplePayをなんとか使いこなしたい。

一つ前の項目までで、iPhone6/6SでのApplePayの出来ること、出来ないことはお伝えしましたが

「それでも、なんとか使いこなしたいんじゃい!!」という兵(つわもの)もいるかもしれません。

そこで、なんとか(?)使いこなすために考えてみた結果・・・

AppleWatch2と使えばiPhone7以降並みに快適(たぶん)に使える・・・!

ということで纏まりました。

何故、ここでAppleWatch2なのかと言うと、AppleWatch2にはFeliCaチップが搭載されているのです。

そう。

なんのことはない。

iPhone6/6Sに足りないFeliCaチップの部分をAppleWatch2に補ってもらうのです。

そうすれば、カードの管理はiPhone6/6Sで。

決済はAppleWatch2で。

もはや、ApplePayで出来ないことはありません。

・・・ただ、これは力技で対応しているだけと言えばそれまでで、AppleWatch2か3を今現在持っているor購入しようと思っていた。という場合にのみこんな使い方をしてみては?というぐらいです。

実際、AppleWatch2や3はいらないけど、iPhone6/6Sを神機にするために!!!

という感じならばiPhone7以降を買ったほうが手っ取り早いですのでご注意を!

スポンサーリンク


iPhone6/6Sでこんな風にApplePayを使おう

iPhone6/6Sで使えるApplePayのサービス一覧でも軽く書いたのですが、おススメのiPhone6/6SでのApplePayの利用シーンはこれだ!

ということで、やはりApplePay対応アプリの中でも、移動中や待ち時間。さらに休み時間や休憩時間。

その他、友達と話しているときや、恋人と一緒のときまで。

たとえばのシーンですが

休憩時間に、ふと気になる映画のことを聞いたとき。同僚がいる中でクレジットカードは出しにくいものです。

そこで、サクッとアプリで予約してそのままApplePayで支払い。周りはきっと気づきもしませんがスマートです。

気になる異性と旅行について話しているときも。

じゃらんで一緒に検索して、そのままApplePayで支払い。とってもスマートです。

そこで支払いは~とかカードどこやったっけ?なんて言ってたら

「・・・またにしようか。」

と言われかねません(たぶん)

クレジットカードを出しにくい場所で出前、映画、旅行について話したり考えたりするときに、忘れないうちにさっさと予約して決済!というような使い方が一番使うシーンも多いし、使えてよかった。と思うシーンでもあります。

iPhone6/6SでApplePayを使うときは迷わずこのカード!

「よし!iPhone6/6SでのApplePayの使い方はわかったぞ!・・・だけどクレカはどうしよう?」

「正直、種類は多いし、なんかApplePayで使えないクレカもあるみたいだし・・・」

となってしまったあなた。大丈夫です!

iPhone6/6Sでおススメのカードを調べつくしました。

iPhone7以降でSuicaを使いまくるぞ!という感じならビックカメラSuicaカード一択!なのですが

iPhone6/6SではSuicaは使わない前提なので、一番のおススメはQuicPayが使えて、さらに入会後半年間はポイントが2倍になる・・・

その名もオリコカード ザ ポイントです。

こちら!

 

このカードのおススメポイントとしては

  • 名前のとおりポイントが貯まりやすい。
  • デザインがシンプルでよい
  • ポイントの交換先が豊富(他のカードはポイントがたくさん貯まっても使用先が限定されているものが多い)
  • ポイントの交換までの時間が早い!(リアルタイムに交換できる)

というところです。

ポイントは貯まりやすくても、使い道がなければいけません。

たとえば、dカードおススメだよ!と言われても、自分のスマホがソフトバンクやauだったら・・・微妙ですよね。

それに比べて、オリコカードザポイントは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-20-09-33

これだけの交換先があるので、アマゾンで欲しい物があったらamazonギフト券で。Yahoo!ショッピングで欲しい物があればTポイントで。コンビニで使いたければWAONやTポイントやnanaco・・・と、考えただけでも便利じゃないですか?

せっかくiPhone6/6SをApplePayで活用するなら、サイコーに便利にサイコーにお得に活用しちゃいましょう!

スポンサーリンク



Apple Payマニアの圧倒的おすすめ!ヤフーカード

Apple Payと相性抜群!利用するだけでザクザクTポイントが貯まり、ヤフーショッピングでのポイント還元率もアップ!

さらには、年会費無料なのに新規入会&3回利用するだけで、最大10,000円相当の期間固定Tポイントが貰えポイントがもらえます!

ヤフーカードのお申し込みはこちらをタップ!