未分類

Apple Pay(アップルペイ)とおサイフケータイの違いは何?○○は使えて○○は使えない!?

こんにちは!Apple Payマニアのジンタです。

おサイフケータイはiPhoneのようなスマホが誕生するより昔の所謂「ガラケー」時代に登場した技術です。私もガラケー時代から愛用していましたが、iPhoneを使うようになってからはiPhoneの便利さに慣れてしまい、すっかり使っていませんでした。

しかし、iPhoneにもApple Payが登場したことによって、私は再び電子マネーを利用する生活に戻りました。

いやぁ、カード類でパンパンになった財布を持ち歩くより、基本的に電子マネーを利用してスッキリとした財布で出かける生活ってやっぱいいですね。

「おサイフケータイ」を利用しているときはスッキリした財布だったのが、iPhoneにしてからは財布がカードで膨れ上がっていたので、Apple Payの登場後またスッキリ財布に戻れたことが嬉しくてたまりません。

今回は昔使っていた「おサイフケータイ」と今使っている「Apple Pay」似たようなことができるっぽいけど、何が違うのか?何が使えて何が使えないかをまとめました。

 

おサイフケータイ Apple Pay
クレジットカード 使える 使える
対応しているサービス 多い 若干少ない
ネット決済 出来ない 一部できる
海外利用 一部できる 出来ない
安全性 高い 非常に高い
使えるスマホ Android(一部機種除く) iPhone
機種毎の統一性 ばらつきがある 一貫している

 

こんな違いがあります。これから詳しく知りたいあなたのために解説しますね。

おサイフケータイとApplePayに対応しているサービスの違いは?

 

おサイフケータイは、iD、楽天Edy、WAON、nanacoモバイルなど下のマークのサービスが使えます。

 

Apple PayはiD、QUICPay、Suicaが使えます。

 

どちらもモバイルSuica、JALタッチ&ゴーサービス、ANA SKiPサービスという乗車券、航空券のサービスにも対応しています。

おサイフケータイは会員証やポイントカードなどにも一部対応していますが、Apple Payは対応していません。

どちらも利用するクレジットカードはとてもたくさんのカードに対応していますが、たくさんありすぎて、どのクレジットカードがいいのかよくわかんないですよね。ですので、一番お得に使えるカードをまとめてありますので、そちらを見れば一発で損をしないカード選びが出来ます。

→最強ランキング!Apple Payを使うならこのカード!

 

おサイフケータイはネット決済が出来ないが、Apple Payは出来る!?

おサイフケータイはアプリ内やネットで物を買ったときには決済できません。あくまでも外出時の便利なおサイフ代わり。という感じです。

しかし、Apple Payは対応しているアプリやWEBサイトでの支払いに対応しています。

現状では、全国タクシー、giftee、TOHOシネマズ 、出前館、じゃらん、minne、BASE、Yahoo!ショッピング(近日対応)があります。

これだけあると、タクシー呼ぶときにApple Pay。出前を頼んでApple Pay。旅行の予約してApple Pay。Yahoo!ショッピングで買い物してApple Pay。

オンでもオフでも結構Apple Payだけで生活できてしまいそうです。。

今後も対応サイトは増えていくと思いますので、本当にほぼほぼApple Payだけでの生活が可能になりそうですね。

 

 

おサイフケータイは海外でも利用できるけどApple Payは海外では使えない?

 

結論から言ってしまえば、通常Apple Payは海外のお店では、Wallet に入れている日本のクレジットカードやプリペイドカードを使って支払うことはできません。

SIMフリーのiPhoneで海外のクレジットカードを登録して、iPhoneの国の設定を該当国にすれば出来ないことはないですが、使い勝手がいいものではないですし通常は出来ないと思っておいて問題ありません。

おサイフケータイはiD/NFC、Visa payWave、Mastercardコンタクトレスという三種類の方法で海外でも決済することが可能です。

 

おサイフケータイとApple Pay。安全性が高いのは?

 

各種情報の安全性が高いのはApple Pay

これはやはり新しい規格であるApple Payの方が安全性は高いといえます。

Apple Payはクレジットカードデータの保護の方法も安心でき、支払いをした際にお店側に送信される情報も最小限の情報になります。

ちなみにAppleにも購入した情報は送信されません。

さらにApple Payの場合、取引情報から遡って何を購入した。購入者は誰か。などを調べることも出来ません。

 

紛失した場合の安全性が高いのもApple Pay

iPhoneやAndroidを紛失した場合、利用停止の手続きをとる必要があります。

おサイフケータイの場合、複数のサービスを登録していると、全てのサービスで利用停止を申請しないといけません。
(nanacoの利用停止をして、iDの利用停止をして、Suicaの利用停止を・・・という感じです)

また、おサイフケータイは「電池が切れていてもしばらく使える。」ので、よい面でもあるのですが悪用されるとそのまま使われてしまう可能性があります。

Apple Payの場合はicloud.com/find や「iPhone を探す」Appを使って、そのデバイスのApple Pay の使用を一時的に停止したり削除することが出来ます。ちなみにiPhoneがインターネットに繋がっていない状態でもサービスが停止されるので安心です。

さらに拾った人が悪用しようと思っても、iPhoneならタッチIDの指紋認証がありますので二重三重に安全策が施されているといえます。

 

おサイフケータイはiPhoneでも使えるの?

 

おサイフケータイは現在のところAndroidもしくはiモード端末のみで利用できるので残念ながら通常はiPhoneでは使えません。

一応、ドコモなどから発売されている「おサイフケータイジャケット」などを使えばiPhoneでも、おサイフケータイを使うことが出来ます。

ただ、Apple Payが出る前ならまだしも、今となってはApple Payの将来性を考えると両方使える必要はない(出来ることがほぼ同じなので)と思います。

一番使いたいのは駅の改札でのSuicaだと思いますが、Apple PayもSuicaに対応しているので問題ありません。

 

おサイフケータイとApple Payはどっちがお得?使いやすさはどっちがいいの?

 

おサイフケータイは2004年から使われているので、サービス面や対応サービスの多さに一日の長があります。

一方、Apple Payは2016年開始のサービスなので必要十分なサービスに対応していますが、量の面ではこれからに期待というところです。

安心面ではやはりApple Payの勝利です。指紋認証にデフォルトで対応しているので、万が一のときにもすぐに利用されることは少ないです。クレジットカード情報の管理方法などの面でもApple Payは優秀だと思います。

ポイントの二重取りなどの小技は、おサイフケータイの方がお得に使おうと思えば使えます。(Apple Payはポイントの二重取りが出来ない)

現状では、おサイフケータイの方が安全面以外の使い勝手は上ですが、今後数年でApple Payは同じレベルまで追い上げてくると思います。

日本におけるiPhoneのシェアは非常に高いのでAppleももっともっとApple Payを素晴らしいものにしてくれるはずです。

現状、Androidならおサイフケータイを。iPhoneならApple Payを使うのが最も効率的です。

Apple Payマニアの圧倒的おすすめ!ヤフーカード

Apple Payと相性抜群!利用するだけでザクザクTポイントが貯まり、ヤフーショッピングでのポイント還元率もアップ!

さらには、年会費無料なのに新規入会&3回利用するだけで、最大10,000円相当の期間固定Tポイントが貰えポイントがもらえます!

ヤフーカードのお申し込みはこちらをタップ!