未分類

Apple Pay(アップルペイ)とAndroid Pay(アンドロイドペイ)の違いは何?○○は使えて○○は使えない!?

こんにちは、Apple Payマニアのジンタです。

一昔前は「おさいふケータイ」だけしかなかったケータイ、スマホを使った決済サービスですが、最近はいろいろ増えてしまって「えっ、結局何が違うの?」とあなたも頭が「???」になってしまっていませんか?

私もEdyやauWalletカードなど実物のカードがあるサービスは利用していましたが、今度はカード類が財布の中でパンパンになってしまいました。財布の見た目や実際のお店での利便性を考えて、スマホでキャッシュレスな生活を少しでも満喫したいと思い、モバイル決済サービス(ApplePayやAndroidPayやおさいふケータイ)を利用し現在は悠々と薄くなった財布で出かけることが可能になりました。

ちょっとコンビニまで。なんかはスマホだけもって出かけられますし、普通に出かけるときもスマホとカードが減ってスマートな財布で出かけるのって気分がいいですよね。

ただ、その中で、各社のサービスで少しずつ異なる点を発見したので、まとめてみました。

もっと知りたいあなたの為に、Apple payとAndroid Payの違いについて以下で詳しく解説しますね。

Apple PayとAndroid Payの使える決済サービスの違いとは

 

ApplePayとAndroidPayの最も大きな違いは、あとで説明しますが通信技術の違いもある為、利用できるサービスが違います。

 

Apple Payで利用できるサービス

ApplePayは「iD」「QUICPay」「Suica」が利用できます。
さらに空港での「ANA Skipサービス」「JAL タッチ&ゴーサービス」でも使えます。

「iD」「QUICPay」はコンビニの他にもガソリンスタンドやスーパーマーケット、ドラッグストアやファミレス、タクシーや宿泊施設、アミューズメント施設・・・と日常利用するほとんどの場で利用できます。

「Suica」は言わずもがな電車を頻繁に利用する時には必須ですよね。

 

Android Payで利用できるサービス

AndroidPayは「nanaco」「楽天Edy」が利用できます。

「nanaco」「楽天Edy」もコンビニの他にもガソリンスタンドやスーパーマーケット、ドラッグストアやファミレス、タクシーや宿泊施設、アミューズメント施設・・・と日常利用するほとんどの場で利用できます。

しかしながら、「nanaco」はクレジットカードからのオートチャージに対応しておらず、店舗で入金する必要があります。

また、先に書いたようにAndroidPayはFeliCaに対応していないので、「Suica」が使えるようには現状ではなりえません。

 

Apple PayとAndroid Pay仕組みの違い

 

Apple PayとAndroid Payは両方とも、クレジットカードなどをiPhoneやAndroid端末に登録することで、実際のクレジットカードなどを持っていなくても、いろんな所で決済できるサービスです。

しかしながら二つには仕組みの違いがあります。

通信技術の違いとは

ApplePayはiPhone7以降に搭載されたFeliCa(フェリカ)というSONYが開発した仕組みを使っているのに対して、AndroidPayはNFCという日本以外の国(つまりほぼ世界中)で使われている仕組みを利用しています。
(ちなみに、おさいふケータイはFeliCaを採用しています)

FeliCaとNFCの違いは通信方法なのですが、あなたが利用するに当たっての一番の違いは通信速度にあります。

FeliCaは1秒未満で決済できるのに対して、NFCは4秒程度かかります。つまり日本の通勤ラッシュ時に、もしNFC方式でみんな電車に乗ろうとしていたら…完全に破綻してしまいますね。。だからこそSuicaなどはAndroidPayには対応していないし対応できないんですね。

先にも述べたように、FeliCaという規格は、ほぼ日本でしか使われていないので世界中を相手にしているグーグルが日本だけの為に対応するかは未知数です。それを思うと、日本独自仕様を作ってくれたAppleは本当にすごいです。(ちなみにiPhoneは日本用の物とグローバル用の物で設定が別物になります。海外で買ってきたiPhoneではFeliCaを使うサービスに対応できない可能性があります。)

セキュリティ方式の違いとは

他には、登録したクレジットカードの情報をどこに保存しているか?という違いがあります。

Apple PayはiPhoneの中にある専用のチップにクレジットカードの情報が保存されますが、Android Payはグーグルのサーバーに保存されています。どちらも利用するのに大差はありませんので普段使用する際には特に気にしなくても大丈夫です。

 

Apple PayとAndroid Payで出来ること出来ないこと

 

  • ApplePayもAndroidPayも対応しているクレジットカードを登録して、電子マネーとして利用することが出来ます。
  • AppelePayは「iD」と「QUICPay」「Suica」が使えます。
  • AndroidPayは「nanaco」「楽天Edy」が使えます。
  • 両方とも電池が切れている状態では使えません。
  • AndroidPayはiPhoneでは使えません。
  • ApplePayはAndroidスマホでは使えません。
  • 両方ともクレジットカードを登録できるけど、使える(対応している)クレジットカードの種類が違います。

現状でのおススメはどっち?

現状ではAppleの日本市場でのやる気も含めてApplePayの方が日常生活での使い勝手は良いと思います。Androidは「おさいふケータイ」に対応しているので日本では現状そちらを使ったほうがよいかもしれません。

またクレジットカードのポイントも貯まっていくので、高還元率の物や生活スタイルに合わせたクレジットカードを最初から選んでおけば、お得に賢く便利にApple PayやAndroid Payを利用することが出来ます。漠然と手元にあるクレジットカードを使っていると思わぬ損をしてしまう可能性もあります。

→損をしないお得なクレジットカードランキングはこちら

パンパンになった財布からされて、スマホだけ、もしくはスマホとスマートな財布だけで出かけることが出来る生活って、本当にスッキリしていていいですよ。あなたも是非試してくださいね。

 

 

Apple Payマニアの圧倒的おすすめ!ヤフーカード

Apple Payと相性抜群!利用するだけでザクザクTポイントが貯まり、ヤフーショッピングでのポイント還元率もアップ!

さらには、年会費無料なのに新規入会&3回利用するだけで、最大10,000円相当の期間固定Tポイントが貰えポイントがもらえます!

ヤフーカードのお申し込みはこちらをタップ!